合宿免許のメリットとデメリット

合宿免許に参加する前にメリットとデメリットを確認してみましょう。


合宿免許のメリットは、短期間で免許が取得できる、費用が安い、出会いが多い、旅行気分で楽しめるなどがあげられます。期間は約2週間なので、通学免許の平均取得期間に比べると約3分の1の期間で取得できます。
費用は教習費用、宿泊費、食費、交通費、追加料金などが込みで平均して20万円~25万円なので、通学免許の平均費用に比べても5万円、又はそれ以上安くなっています。


また、同じ目的を持ち、同じ場所で生活をしていく中で必然的に仲間が増えていくのも利点でしょう。

ここで恋人を作るという人もいるので、新しい出会いを求めている多くの人が参加していますが、もちろん一人で参加してまったりと過ごすという人も少なくはありません。



そして、宿泊所は日本各地にあるので、きちんと参加する場所を選べば旅行気分を味わうことも可能です。



対して合宿免許のデメリットは、まとまった休みが必要、人数制限がある、運転事情が異なるなどがあげられます。



約2週間泊まり込みで取得するため、この時間を用意できない人は参加することができません。

そのため社会人は難しく、参加者の多くは学生となっています。

また、参加者の人数制限があるため夏休みなどの繁忙期は早めの申し込みが必要です。

そして、合宿所によって道路状況が変わるので運転技術に差が生じます。例えば合宿は地方で参加したものの、住んでいる場所は都会という場合は交通状況に戸惑うことになるかもしれません。